借金解決 無料相談


借金問題を解決しよう!まずは、無料で相談できる機関を調べよう!


借金の返済と延滞損害金について

お金の貸し借りが行われる時は、その者によって取り決められた割合で対価の受け渡しをする必要が出てきます。 それを金利と呼び、一般的には借入額よりも返済総額が多くなってしまうものです。 従って出来るだけお得にお金を借りたいと思ったら、まずは低金利の所を選ぶようにしましょう。 さて、キャッシング等の返済は有る時払いで良いかと言ったら決してそうではなく、しっかりとルールに則って返済していかなければいけません。 勿論そのルール通りに行えば何も問題はありませんが、時には期限までにお金を支払うことができなくなってしまうこともあります。 このような場合、損害賠償を払う必要が出てくるわけですが、そのお金の事を延滞損害金と呼ぶのです。 一般的にお金を借りる時は返済できると思って借りる物ですが、時には何かしらの事が起きて返済が滞る可能性は誰にでもあります。 ただやはり金利の上限は有ると言っても延滞損害金を払う事は非常にもったいない事なので、出来るだけ自分の身の丈に合っている借入額に抑えておくのが重要です。 またどうしても返済できない、このままでは大変な事になってしまいそうだと思ったらまずは自分だけで何とかしようとするのではなくてしっかりと弁護士や司法書士に相談して解決する方向で動くようにしましょう。 ただこの金利に関しては、現在では上限が決められているのでそれほど高利になる事はありません。 しかしやはり借りたものはルールを守って期日までに返す事は重要なので、出来るだけ支払期限を守って返済する様にしましょう。


自己破産の相談は専門の弁護士へ

自己破産とは、抱えている負債に対し返済が不可能と判断された時に行使出来るもので、裁判所が判断をしてくれるものです。 例えば、倒産した会社の役員で、銀行から借りられているお金の保証人になっており、これからの収入もなくなり財産を処分しても払い切れないような場合とか、消費者金融からお金を借り続け、気がついた時は支払いが不能までの金額になっていたと言う理由などで、裁判所から支払い不能と言うことを認めてもらった時に自己破産が成り立ちます。 この方法を選ぶ日とは、負債額が大きすぎて、支払いが出来ないと言う人に多い方法ではないでしょうか。 この破産の方法には、同時廃止と少額管財の二つの方法が考えられますが、状況によって変わって来きます。 同時廃止の場合は、20万円以上の高額財産がない時で、免責も破産管財人が調べる必要がなく、破産手続きを開始することが決まったと同時に破産手続きが終わり、免責の手続きだけを行うものです。 これに対し、財産が20万円以上あることなどから、管財人の調査も入り時間がかかる手続きにもなるのでした。 この場合、土地や住宅、自家用車、保険なども対象になります。 これらのものを全て処分する必要に迫られますので、時間もかかることにもなるのでしょう。 このような手続きを素人の方がするのは、基本的に無理ですよね。 そんな時、専門の弁護士などに仕事を依頼するようにしましょう。 自己破産が認められることで、精神的にもゆとりが出来、改めて前向きに生きがいを見つけることも出来るのでしょう。


金融庁の「相談窓口」を活用して、あなたの声を世の中に活かそう

金融庁には金融サービス利用者相談室という、国民からの相談窓口が設置されています。 金融サービス利用者相談室には大きく4つのサービスが提供されており、金融サービス利用者の相談から、国民の意見や声を広く募集していますまず、金融サービスに関する疑問や質問、相談への対応は専門の相談員が直接電話にて対応、回答をしてくれます。 また、インターネットやファックス、手紙などの郵送で送られる質問やご相談にも、相談室の専門相談員が直接お電話にて、ご質問者、ご相談者に連絡を取り、アドバイスをしてくれます。 メールやFAX、文書による回答は行っておらず、すべて電話にて回答が受けられます。 金融機関や貸金業者との間に生じたトラブル案件については、相談員が事情や状況をヒアリングしたうえで、問題となっている事柄の論点整理や他の専門機関への紹介をしてくれます。 ただし、多くの人からの相談を行う相談窓口の性質上、業者との間に入ってあっせんや仲介・調停などのトラブル解決を行うことはできません。 必要に応じて、その解決法や解決してくれる専門機関を紹介するという流れになります。 また、金融機関や貸金業者による貸し渋り・貸し剥がしの情報や、口座の不正利用、金融行政に対する意見や要望などの情報提供を受付、金融庁内で共有して今後の運営や監督業務へと活かしています。 電話で受け付けた質問や相談を中心に、よくある相談については、ホームページにてQ&Aとして提供されます。